毎日の健康習慣として青汁ライフを始めよう!

青汁ライフを始めよう!

はじめに

はじめに、青汁という言葉はコマーシャルや通販番組などでよく耳にすると思います。まず青汁と聞くとどのようなことを思い浮かべるでしょうか?
「体には良さそう」「緑色の飲み物」「まずいけどもう一杯飲みたくなる飲み物」「バラエティ番組の罰ゲーム」 など色々思われていると思います。

 


ですが、この青汁という飲み物は本当に体にいいのです!青汁の中には様々な野菜の成分が含まれており、野菜が身体において美容や健康にいいことはすでに周知の事実であることはわかっていることですが、 実際に野菜を毎日一日に必要な量を取ることは大変なことなのです。ちなみに厚生省が推奨する人間が1日に摂取する野菜の量は健康維持やメタボリックシンドロームの予防、野菜不足を解消の意味も含めて、野菜の必要摂取量350gと結構な量です。これは以前に設定していた量よりも増えてきています。
1日や2日ならなんとか意識して食べることで必要な量を取ることは可能なことかもしれませんがそれを毎日続けるとなるとかなりキツイことではないでしょうか。ですが生きていく為には「野菜は取らなくてはいけない」、「嫌いだけども食べなくてはいけない」という思いにかられる時もあると思います。
最近の健康ブームにのってフコイダンやノニジュースなど色々と健康食品が発売されてきてますが、そんな健康食品の中でもやはり管理人的には飲みやすく手軽に始められるので青汁がお勧めです。粉末青汁ですと、スプーン1杯を水に溶かして飲むだけで約100g分の生野菜の栄養を簡単に摂ることができるので、足りない分の野菜を手軽に補うことができるのです。(原料はそれぞれの会社で違いは出てきます)
そして青汁には様々な栄養素が含まれているので、身体への効果・効能も期待できます。ですが飲んだらすぐに効果・効能が出るわけではなく、少しづつ身体へ変化が現れてきます。効果がすぐにでるわけではありませんが、飲み続けることで体は知らない間に健康体へと変化をとげているでしょう。それと冬虫夏草も青汁と同じイメージを持っている方がいると思いますが、そんなことはありません。むしろ青汁と一緒にお勧めしたいほどです。
このサイトでは皆さんに健康体へなってほしい願いを込めつつ、青汁の効能や青汁をおいしく飲む方法、青汁の原料の種類などをくわしく解説して以降と思いますので、 今、色々と出ている健康商品でどれにするか悩んでいる方がいましたら、そんな健康食品の中からまずは青汁を試してみてはいかがでしょうか?あなたも青汁で健康ライフを始めてみませんか?

青汁基礎知識

青汁の基礎知識について知っていきましょう。青汁というのは現代人が不足しがちな栄養素を簡単に摂れる健康補助食品のことです。なので、青汁を飲み続けることは今まで続けてきた食生活をあまり変化させることをしないで青汁で不足している栄養素を補うことが出来ます。ですが、あまりに偏った食生活は見直したほうがいいかもしれません。
青汁は近年まではあまり知られていなく、一部の健康に強い関心がある人や九州地方でのみ知られるマイナーな健康食品でした。しかし1990年代に味のまずさから全国区で放送されているバラエティ番組の罰ゲームとして青汁を使用されたことから注目され、飲んだ後の素で取れるリアクションの大きさと飲むことで健康には良い結果をもたらすことから頻繁に罰ゲームとして使われ始めました。
それ以降はバラエティ番組の罰ゲームの常連となり、一般の人たちも宴会等でのゲームの罰ゲームとして使用され、また健康ブームの到来により、その名が一般的に広まりました。 皆さんも一度は「あ〜、不味いっ!もう一杯。」のコマーシャルのフレーズを聞いたことがあるのではないでしょうか?
ちなみに青汁の中身は主に緑黄色野菜を生のまま絞った汁のことで、材料としてはケールや大麦若葉などを使うのが最も一般的で、それといくつかの緑黄色野菜を混ぜて使用することもあり、 青汁を作る工程では、 面倒な加工などは必要がなく単純に野菜を絞ってでた野菜の水分を飲むことになります。
昔から青汁と呼ばれているので、疑問に思われる方もあまりいらっしゃらないかもしれませんが、青汁の色は青ではないんですよね。本当は緑汁(グリーンジュース)なのですが、色が緑なのに「青」汁としているのは、野菜を「青菜」などと表現する日本語古語での用法の名残です。
青汁の飲み方としては、絞りたてをそのまま飲むという方法が最も身体にいいと言われていますが、日持ちがしにくいので、市販される製品の形状は、冷凍されたもの、顆粒状や粉末状に加工された製品、固形タイプなど様々です。
青汁はたくさんの豊富な栄養素が含まれている健康食品なので様々な効果が期待できるのですが、よく聞く効果としては食物繊維による便秘の解消や抗酸化作用のあるビタミン類による美肌効果などです。風邪の予防、冷え性の解消、アレルギーの改善など、他にもたくさんの効果や効能があるとされています。

 

正直青汁の味ははっきりいっておいしいと呼びづらいのですが、最近では大麦若葉や小松菜を使い味を改善したものが増えているので、昔よりは飲みやすくなってきています。といってもやはり飲むことをためらう方も多数いると思います。青汁は薬ではありませんが、「良薬口に苦し」という言葉がまさにぴったりののみものでしょう。
おいしくないものをわざわざいやな思いをして飲みたくないというのが人間の心情ですが、現代人は野菜をあまり摂らなくなったということや、不規則で外食中心の食生活など、美容や健康の観点以外にも青汁を飲む意味はたくさんあります。
最初は飲みにくい青汁も、牛乳や果汁などとトッピングしたりすると意外と飲みやすくなります。人間には慣れという特殊の能力があるので、慣れてくれば青汁の味も普通に感じてくることでしょう。

check

フォトスタジオ 埼玉
http://www.kind-photo.com/
和歌山での車検、修理はこちら
http://www.nishioku.com/
【スポーツ自転車】楽して得する!自転車買取・売却のまとめ決定版
http://matome.naver.jp/odai/2142443723513088401
足立区で呼吸器内科をお探しなら
http://www.hisakatu-iin.com/

最終更新日:2015/3/11

ページ上部へ青汁